転職が初めての場合だと、転職する場合やっておいたり知っておかないと損をしてしまう場合があります。そこで、転職する前に知っておくことで後悔しない方法をご紹介しますので、辞める前の参考にして下さい。

 

1・採用した時の条件や労働条件が違う場合は会社都合の退職にできる

 会社の移転によって勤務が難しくなったり、結婚などで引越しすることになり、通勤や勤務が難しくなった場合には会社都合での退職と同様の「特定受給資格者」として扱われるので、雇用保険も3ヶ月待つことなくもらえる場合があります。

 

2・退社は月末にした方が年金受給額がお得

 会社員が入っている厚生年金は、退職した翌日が失効日になるので、15日に辞めるより月末の方が受給額も増えます。

 

3・クレジットカードは辞める前に作っておこう

 クレジットカードが今後必要になると思う場合には、退職する前にカードを作っておかないと、会社を辞めることで信用度が一時的に下がってしまいます。カードはすぐには作成されませんんので、転職勝活動中に作っておくようにしましょう。

 

4・病気が原因で退職する前に休職しよう

 病気療養のために会社を辞め、その後転職活動をする方もいるかと思いますが、すぐに会社を辞めるのではなく、休職精度を利用することで、賃金の60パーセントをもらうことができます。すぐに辞めることなく休職を上司に相談してみることおをオススメします。