必要な書類は2種類

 転職活動をするのなら、応募先の企業に対して、履歴書と職務経歴書の2種類の書類を提出しなければいけなくなります。履歴書については新卒採用の際にも書いたことのある人が多いでしょう。職務経歴書については中途採用ならではで、初めての転職だと書き方に戸惑う人も多いでしょう。簡単に言ってしまえば、履歴書はその人のプロフィールを正確に把握するための基礎的な書類で、職務経歴書はその人の強みやスキルを詳しく知るためのPR書類になります。

 

履歴書作成の注意

 履歴書を作成する際は必ず決まったやり方通りに作成しましょう。経歴欄や資格欄の最後に「以上」と書くなど細かなルールがありますが、人事はそういう細かなところまでチェックして、ルールをどれだけ守れる人間かを判定しています。人と違う履歴書を作ろうなどと考える必要はあまりないので、とにかく正確に丁寧にを心がけましょう。

 

職務経歴書作成の注意

 職務経歴書の場合は履歴書と違って、書き方はかなり自由です。面接の際にも職務経歴書の内容はかなり参考にされますし、内定に直結する書類と言えます。できるだけ人とは違う自分の個性が伝わるように、書く内容やレイアウトにこだわりたいです。また、今までやってきたことを広く浅く書くよりは、自信のあるいくつかの内容だけに絞って詳しく書くほうが魅力が伝わりやすいです。